家のバリアフリーは若い時からやっておこう

バリアフリーにするために、家のリフォームをする人は年々増えています。

 

これからの日本は高齢化社会ですから、今後もこの傾向は続いていくでしょう。

 

 

それではバリアフリーのリフォームでは、どのような工事をするのでしょうか。

 

一番多いのは、家の中にある段差をなくすことです。

 

 

部屋と部屋の間などにある段差をなくすことによって、転倒事故を防ぐことができます。

 

家の中に手すりを付けるのも、転倒事故を防ぐためにおこなわれる工事です。

 

 

階段やトイレ、お風呂場などに手すりを付けることにより、足を滑らせてしまうことを防ぐことができます。

 

また、手すりを付けると同時に家の床材を滑らない素材に代えておくと、転倒事故をさらに防止できます。

 

 

特に水で濡れるお風呂は転倒事故が発生しやすい場所ですから、滑らない床材に代えると効果は高いといえるでしょう。

 

人間は生きていると必ず高齢者になるので、若いから関係ないと思わず、家のバリアフリー対策はしてください。