家を購入するときの経費

家を購入するときには、ほとんどの人が住宅ローンなどの借入で資金を用意します。
しかし、このときに土地や家の購入資金だけを借り入れると、実際には費用が不足してしまうことになりますので、あらかじめどれくらい他の経費が必要になるかを調べておく必要があります。

 

 

家の購入時には、仲介業者を通して物件を購入した場合、仲介業者に支払う手数料が必要になります。
また、売買契約書に貼る印紙代もかかりますし、所有権を移転したり、借り入れのときの抵当権の設定をするときの登記で印紙代や司法書士に支払う報酬も発生します。

 

このほか、新たに建てた住宅に合わせて家電製品や家財道具を購入するときにはその資金も必要になりますし、不動産取得税や固定資産税の請求も後日届きますので、あらかじめ不動産業者や司法書士に必要経費について相談しておいた方がよいでしょう。
すぐの支払いではないものもありますので、余裕を持った借入をしておく必要があります。