不動産の抵当権解除手続きを自分でやってみました

平成3年(1991年)の秋に、我が家は東京の外れに小さな分譲マンションを購入しました。
初めての不動産購入です。

 

何から何まで知らないことばかりでしたが、販売会社の方で、住宅ローンや不動産登記について全て手続きをしてくれたので、特に問題なく売買契約を結びました。
信頼出来る販売会社だから無事に済みましたが、最近の不動産詐欺などのニュース報道を見ると、知識の無いことは生活の中でリスクを抱えることだと感じます。

 

 

その後、我が家は住宅ローンをコツコツと返済し、数年前に無事完済することが出来ました。
この時には、不動産登記について、若干自分なりに勉強しましたので、住宅ローンの完済に伴って行う、抵当権の設定解除手続きを自分でやってみることにしました。

 

もちろん、この手続きは、銀行に依頼すれば銀行と契約している司法書士が手続きをしてくれます。
ただし、3万円ほどの費用が必要になるそうです。

 

抵当権が複雑な場合は手続きが大変ですが、我が家はいたってシンプルでしたので、私でも無理なく手続きすることが出来ました。
調べれば自分で出来ることって結構あるものですね。

 

これからも、生活に役立つ知識は、増やしていきたいと思います。